アメリカの金融危機は止まることを知らない。応急手当は見せかけかもしれないのだが…。


公的資金投入や企業買収の嵐でなんとか持ち直しそうに見えながら不安感を隠せないアメリカ経済。

欧州各国は、イギリスをはじめ、気が気じゃないだろう。

サブプライムローンの破綻が大枠済んだところで、次はプライムローン、マックスアウトとつながって止めどない個人破産が続く最悪のシナリオが予測される。

ミスター円の榊原英資氏が予測したとおりに円高、株安となっており、我が世の春を謳歌してきた米国の凋落が明らかになった。

一足早く、バブルが崩壊し、ITバブルの崩壊も経験していた日本は、投資に慎重になっていたおかげで、被害額がごく限られているようにみえるが、

年金受給者、特に団塊の世代やFX投資にはまってしまった主婦層は、為替レートの急激な変化や株価の下落で大損をしており、日本経済にじわじわと衝撃を与えることは確実で、

現在の不景気風どころではない突風が待っている。

ただ、突風のあとは、回復基調が予想され、強い円を背景にした経済再生も期待されるが、それまでの期間をいかに短くするか、そして、突風をいかにかわすか。

ここに政治的な決断が必要なのだが、果たして……。

正直なところ、総選挙で、権力の座の取り合いに興じている場合ではない。

ただ、目の前の危機を回避するには、安定した政権運営をできる選択をする必要があるといえる。政権与党は、国民の信頼を取り戻すため、必死の見直しに躍起だが、それだけではなく、日本の制度に対する抜本的な改革の表明と、実態に合わせた中期的な経済再生プランを国民に提示すべきで、民主党のバラマキマニフェストに対抗する、攻撃的な論戦を期待したい。

時間の猶予はあまりない。日本が世界経済の中で、勝ち残れるかどうかが問われている時に、脳天気な政治家は、国会から去ってほしいものだ。

 

アメリカの経済危機はまだ始まったばかりだ。サブプライムからプライムへ。

 

 

サブライム問題の広がりがよく分かる解説です。

 

 

アメリカのカード社会の恐ろしさ。負のスパイラルを止めることは難しそうだ。

 


辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング  ←できればランクアップにご協力下さい。

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中