鳩山氏の勘違い、言い負かしたつもりだろうがちょっと事情が違うよ。


麻生氏などが、民主党の代表選挙にもの申したことが余程気に障ったのか、鳩山氏が公明党を引き合いに出して、民主党にいうなら公明党にも言ったらどうかと発言したらしい。

まぁ、何というか、大政党ナンバー2にしては、次元が低い反論だなぁ。

公明党は、党首になりたいというメンバーがいれば、制度的に党首選になるが、もとより、一致団結して、太田代表で戦うと決めているわけで、それこそ、思惑が錯綜する民主党には言われたくない。

民主党は、制度的にそうなっていながら、野田氏の芽を摘んだわけで、ちょっと事情が違うんじゃないの、と申し上げたい。

だって、野田氏は出たかったんだから。仙石氏や前原氏など、反小沢の臭いもプンプンする勢力があるのに、党首選やらないのは、議論下手の小沢氏をかくまうためと思われてもしょうがないんじゃない。

まるで、子供のけんかみたいな論理で、公明党を引き合いに出すのはいかがなものか。

矢野問題では、マスコミの前で口の端に乗せて、脅し文句のように菅直人氏や鳩山氏はのたまうが、そんな姑息な恫喝に屈すると思うのだろうか、あまりにも公党の党首レベルとしては恥ずかしい限りだ。

むしろ、大いにやってやろうと勇気がわいてくる。公明党は、権力と戦いどうしで、拡大してきたのだから、敵前逃亡などあり得ない。それほど柔ではないのだ。

もとより、矢野の問題は、司法で係争中の案件、しかも、いかにも個人的な問題で、宗教団体を相手にした訴訟を国会の場で論ずるほど、日本の国会はヒマしているのだろうか。

できれば、筆坂さんも呼んで、名誉回復してあげたらどうですか。

サブプライムローン破綻による景気減速、医療問題、介護問題、山ほど解決しないといけない課題がある。

与党にしても野党にしても、馬鹿な政争ばかり繰り返してる場合かと思うのだが、鳩山氏の中身は昔の自民党レベルなのだろうか。

さっさと、民主党には、景気対策や福祉行政における対案を示してもらいたいのだが、マニフェストのお題目以上のものを見せてもらったことがないのは、ザンネンだ。


辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング  ←できればランクアップにご協力下さい。

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中