天王寺のトイレがきれいになりました。


以前からブログで取り上げていた天王寺駅地下のトイレがきれいになりました。
まぁ、喜ばしいといえば喜ばしいのですが、新たな出費となったことは事実で、業務を請け負う会社が本来やるべき仕事ができなかったために、生じたことであり、もし、この清潔さを維持できないのであれば、議会でも業務委託のあり方について取り上げないといけないと思っております。

今回の清掃は、以前から業務を請け負っているN社ではなく、ダスキンで業務実績の有る方が起こした「ヨネシマ企画」というところが請け負ってくれ、昨日一日かけて大清掃をしたとのこと、今日、トイレを見に行きましたが、汚れて黒ずんでいた便器は、すっかりきれいになり、臭気は一切なく、ミントの香りがしておりました。これまでなかったトイレットペーパーも設置してくれております。

同社は、ホームページもあり、スタッフの紹介やどんな機械を備えているのか、細かな料金表まで掲載されておりました。一方、N社のホームページは見つかっておりません。本当に清掃スタッフがいるのかどうか、どんな機械や洗浄剤を使っているのかも気になるところ。そもそも契約どおりの清掃が行なわれているのか、どうかも調べる必要を感じています。

掃除というのは、掃除する前よりもきれいになることで、きれいにならなければ、対価を払う価値はありません。どんなに入札で安く入れていただいても、本来の仕事が劣っているとしたら、罰金をいただくぐらいの基準を設けないと、大切な税金の無駄遣いになります。公衆便所は汚くて当然のような雰囲気がありますが、決してそんなことはありません。

地下街や百貨店、ショッピングセンターや飲食店など、トイレをいかに清潔にするかきちっと努力しているわけで、トイレに入って幻滅するなんてことがあれば、失格です。公衆トイレは大阪市の顔です。皆さんも、公衆トイレでこれは許せないというところがあれば、どんどん大阪市に進言していただきたいと思います。N社が受け持つ40数カ所のリストも手に入れましたので、近々ブログにアップし、順次点検をしていきたいと思います。皆さんもご協力下さい。


辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング  ←できればランクアップにご協力下さい。

広告

コメントする

カテゴリー: つぶやき

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中