庭石泥棒、大阪市職員係長にはあきれた


大阪市の職員は、綱紀粛正ということが未だに理解できていないのではないだろうか。毎度毎度、お騒がせをして、いつまで他人事ですますつもりなのか、空いた口がふさがらない。

今日の庭石泥棒の記事には、なんというか、子供じみた係長の答えを聞いて愕然とした。いい年をして、どういうつもりでこんなことをしたのか、直に話を聞いてみたいものだ。

そんな人間を係長にした人間にも聴いてみたい。一体、大阪市の人事はどうなっているのか、完璧試験制度にして、悪いことをしてはいけないことぐらいクリアできる人間を管理職にしてほしいものだ。

登用した人間についても、きちっと記録してもらいたい。年取ったら役職上がるような、年功序列をつづけているのか、どうか。役職持ちの犯罪がこうつづくと、人事部のあり方も問わねばならなくなる。

以下、読売新聞、朝日新聞、産経新聞より

大阪市職員、民家から石盗んだ容疑で逮捕…奈良県警 

他人の庭から根締め石を盗んだとして、奈良県警西和署は9日、大阪市住之江区保健福祉センター係長梶本武史容疑者(52)(奈良県王寺町本町)を窃盗容疑で逮捕した。  発表によると、梶本容疑者は、8日午前7時~9日午前4時30分の間に2回に分けて、近くの男性(86)方の庭から、庭石のすき間にはめ込んで安定させる用途などに使う根締め石(直径約20~30センチ)計9個を乗用車に積み込み、盗んだ疑い。  物音に気付き、外に出た家人が梶本容疑者の乗用車のナンバーを覚えていた。梶本容疑者は「自宅の庭に石を使おうと思った」と供述しているという。 (2008年8月9日 読売新聞)

隣の石はよく見えた? 大阪市職員、庭石盗んだ疑い 2008年8月9日12時39分

近所の家の庭から石を盗んだとして、奈良県警西和署は9日、大阪市住之江区保健福祉センター係長の梶本武史容疑者(52)=奈良県王寺町本町2丁目=を窃盗の疑いで逮捕した。梶本容疑者は「庭石に使おうと思った」と供述しているという。  同署によると、梶本容疑者は同日午前3時45分から55分ごろにかけ、自宅近くの男性宅の庭先にあったラグビーボール大の石9個を盗んだ疑いが持たれている。そばに止めた車の荷台に石を積み込んでいるのを家人が見つけ、110番通報した。盗まれたのは「生駒石」と呼ばれる自然石で、石垣やガーデニングなどによく使われるという。

大阪市職員が民家から庭石盗む 2008.8.9 11:48  

民家に忍び込んで庭石を盗んだとして、奈良県警西和署は9日、窃盗容疑で大阪市住之江区役所保健福祉センター運営担当係長、梶本武史容疑者(52)=同県王寺町本町=を逮捕した。容疑を認め「新しい庭を造るのに使おうと思って盗んだ」と供述しているという。 調べでは、梶本容疑者は同日午前4時ごろ、同県王寺町内の無職男性(86)方にしのび込み、庭に置いてあった1辺20~30センチの庭石9個を盗んだ疑い。 梶本容疑者は庭石をワゴン車に積んで自宅に持ち帰ったが、不審な物音で犯行に気づいた男性がナンバーを覚えており、逮捕につながった。

 


辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング  ←できればランクアップにご協力下さい。

広告

コメントする

カテゴリー: 市政改革

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中