またもや職員の不祥事。情けない動物管理センター職員の恐喝事件。


不祥事続きの大阪市で、また、逮捕者が出た。

動物管理センターの職員が、自宅近くの建設現場に難癖をつけて、恐喝まがいの行為に及んだもので、自宅にもどろうが何をしようが、公務員だという自覚が本当にあるのだろうかと情けなくなる。

裏金に横領、今度は恐喝と、情けない状態を市民の目線で、平松市長はどう裁くのだろうか、処分についても、いっそうの厳格化をしないといけないような気がします。刑事罰と懲戒処分の他都市比較をして、厳しい処分を下すことが必要かも分かりません。特に、大阪市は、性犯罪には甘いようにも思うし、確か、京都市は、日本一厳しくしたような記憶があるのですが…。

以下産経関西、朝日放送、日刊スポーツ

恐喝未遂で大阪市職員逮捕

建築業者に苦情を繰り返し、現金を脅し取ろうとしたとして、大阪府警北堺署が、恐喝未遂容疑で大阪狭山市に住む大阪市動物管理センター職員の男(47)を逮捕していたことが25日、分かった。

 調べでは、職員は今年6~7月ごろ、自宅付近で作業する建築業者に対し、「ほこりが立つ」などと苦情を言ったり、何度も電話をかけたりして、金品を脅し取ろうとした疑い。

<大阪>建設業者を恐喝未遂で大阪市職員を逮捕 (7/25 20:02)

自宅近くで宅地開発をしていた不動産業者に騒音などで苦情を言ったうえ、「殺すぞ」などと電話を繰り返し、現金を脅し取ろうとしたとして、警察は、大阪市動物管理センターの職員・坪佐亘昭容疑者(47)を恐喝未遂の疑いで逮捕しました。

調べに対し坪佐容疑者は、「かっとして何を言ったか覚えていない」と容疑を否認しています。

不動産業者恐喝未遂で大阪市職員逮捕

 大阪府警北堺署は25日までに、恐喝未遂の疑いで、大阪市動物管理センター職員坪佐亘昭容疑者(47)を逮捕した。

 調べでは、坪佐容疑者は6月初旬から約1カ月間、自宅近くであった住宅建設工事をめぐり、堺市の不動産業の男性(71)に「ほこりがたつ。別の者は金を包んで謝りに来たのに、おまえは来ないのか」などと十数回電話し、現金を脅し取ろうとした疑い。

 「苦情は言ったが内容は覚えていない」と否認している。同署によると、職場からも電話していた。大阪市は「厳正に対処する」としている。

 [2008年7月25日20時7分]

辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング  ←できればランクアップにご協力下さい。

広告

コメントする

カテゴリー: 市政改革

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中