国土交通省 大戸川ダム工事事務所の職員が大麻栽培!! よりによってダムの職員とはね


よほど、ダム工事事務所というところはヒマなのかもしれない。日本全国どれくらい、工事事務所というたぐいのものがあり、どんな仕事をしているか、調べてもらいたいものだ。

この職員は、国家公務員でありながら、妻とともに、大麻を栽培し、吸引していたという。休職中に給料がでていたのか、なぜ、休職にいたったのか、診断書はあったのか、いっぱい疑問がでていくるが、これじゃあ、ダムの建設はあきらめた方がよさそうだ。

ダム建設がこんな職員を食わすためにあるとしたら、きっぱり大阪府も滋賀県も断るべきだと思う。

 

以下、産経ニュース

image

自宅官舎で大麻草栽培 国交省主任を逮捕 「妻と吸った」

2008.7.9 13:40

藤田健司容疑者が大麻草を栽培していた大津市内の自宅官舎=9日午後藤田健司容疑者が大麻草を栽培していた大津市内の自宅官舎=9日午後

 国土交通省近畿地方整備局の主任が大津市内の自宅官舎で大麻草を栽培していたとして、近畿厚生局麻薬取締部は9日、大麻取締法違反(栽培)の現行犯で大津市一里山、同整備局大戸川ダム工事事務所用地課主任、藤田健司容疑者(43)を逮捕した。調べに対し「密売人から買うと捕まる可能性があるので、2年前から自分で栽培を始めた。これまでに2回収穫し、妻と一緒に吸っていた」と供述しているという。

 調べでは、藤田容疑者は9日、大津市の自宅官舎で大麻草55本を栽培していた疑い。麻薬取締部が同日朝、家宅捜索し、大麻草を発見した。麻薬取締部は、大麻の使用容疑でも調べるとともに、大麻草の種子の入手経路などを追及する。

 藤田容疑者は平成2年、同整備局に採用され、17年4月から大戸川ダム事務所で買収済み用地の管理業務などに従事していた。同事務所によると、最近は休みがちで、今月に入ってからはほぼ1日おきの勤務だった。8日朝に本人から欠勤の連絡があったが、9日は朝から連絡が取れていなかったという。

 木下誠也・近畿地方整備局長の話 「職員が逮捕されたことは国家公務員の信頼を傷つける行為であり、極めて遺憾。事実関係について確認し、厳正な措置を講じるとともに改めて綱紀の保持を徹底したい」 

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中