来週は初委員会 通例はあいさつのみだが、そんな状況ではないので質疑をしたいと思います


バス事業について、MBSのVOICEが特集していた。

550億円を超える累積赤字と地下鉄からの補填を巡っては、このブログでも論じてきたが、バス事業改革については、答えが出ていない以上、公共交通という名目だけで、市民の貴重な財産を棄損する行為はゆるされない。

地下鉄事業も8000億円の債務を抱えており、安穏としているわけではない、黒字とはいえ、補助金も入っており、市民の理解は得られないだろう。もうそろそろ、嵐が過ぎれば、我が世の春が謳歌できるというような感覚はいいかげんに止めてもらいたいと思うのだが、来週の質疑とともに、7月8日には、市政改革特別委員会の開催も予定されており、徹底的に交通局の問題については、論じたいと思う。

西成の高利貸し資金供給問題とビジネスパーク駅職員のキセルなど、相次ぐ不祥事が起きている以上、私も甘い対応をする気にはならない。市民とまじめに働く職員のためにも、倫理観の欠如と財政事情は別物とは考えておらず、局長および市長にしっかり、答えていただきたいと考えている。

広告

コメントする

カテゴリー: 市政改革

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中