それにしても問題点が多すぎる。ウミを出し切る覚悟が本当にあるのだろうか。


財政破綻寸前であることは、関改革をしても、まだまだ難しかったということが中期見通しで明らかになった以上、すべての随意契約や赤字外郭団体についても、もう我慢の限界にきているのではないだろうか。

分割発注については、全局調査の必要性を感じるし、あまりにも問題点が多すぎる。まだまだ、出てくる気配で、平松市長の納得路線は市民には、大甘にしか写っていない。職員の機嫌をとる前に、市民の怒りに決着をつけてほしいと思うのだが。

youtubeより、hopstepudownさんのまとめ。

広告

コメントする

カテゴリー: 市政改革

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中