疑似地域連携でごまかす大阪市教委の姿勢は疑問、元PTA会長としてもの申す。


子どもの安全や豊かな教育環境をつくるためには、地域との連携は欠かすことができない。

京都市などで進めている地域連携、コミュニティスクールは、一般社会が学校に関心を持ち、協力体制を確立する上で、少子高齢化が進むなか必ず必要になる。門川大作京都市長が教育長時代に進めた最大の成果だ。

教職員組合があれだけ強力な地域で、社会連携ができたことは驚異的なことで、それだけ、問題意識をもった教員や地域の人たちが多かったということか。

報道によると、神戸・大阪では、コミュニティスクールはゼロ。大阪市教育委員会は、はぐくみネットや生涯学習ルームが存在することで、役割は果たしているみたいなことをのたまっているが、元PTA会長としては、承服しがたい。

単Pや区P単位では、非常に活発な保護者連携や教育委員会への提言を行なってきたが、教育カリキュラムや校内指導については、大阪市教育委員会は決して口出しさせようとはしない。はぐくみネットについても、広く、協力を求めるというよりは、一部の地域役員やPTAをやんわりくるんだ存在で、学校評議会とは似て非なるものである。

私がPTAをやっていた時も、区のPTA会長が学校評議会の全校での設立を訴えておられたが、まったく、進む気配はなかった。公立学校の質的低下が進むなか、学校は、地域の共有財産であって、決して、教員の職場ではないということを認識するべきではないだろうか。文部省ー教職員組合という障害物を乗り越えて、社会の宝として、子ども達を育てる公器としての学校のあり方を問い直す機会を与えてほしいと思う。

大阪市も教育長が新任の永井氏に代り、どんな教育方針で臨まれるのか、どう教育改革を進めていくのか、新たに就任した民間の委員の方をどう活用されるのか、先ずはお手並み拝見といいたいところだが、ことは、そんな悠長なことはいってられない。夜スペが始まる大阪府。どうも差等補助で、大阪市と堺市とはのけ者のようだが、さて、大阪市の学力はどうするのか、コミュニティスクール以外の選択肢があるのなら指し示してほしいものだ。

 

以下 産経WEB 

地域運営学校 大阪・神戸は指定ゼロ

2008.6.2 13:16

コミュニティースクールの指定校数は自治体ごとに大きなばらつきがみられ、特に近畿では、その差が顕著だった。

 指定校数がゼロだった神戸市教委は「コミュニティースクール導入の前提となる、地域の基盤が完全に整っていない。導入すれば、教員がさらに多忙化する可能性もあり、検討すべき課題がある」。

 同じくゼロの大阪市教委では、すでに町内会やPTAが総合学習の時間に協力するなどの「はぐくみネット」を導入。同市教委では「似た制度はすでにあると考えている。より地域の協力が必要なコミュニティースクールが地域になじむかどうかは検討中」と慎重姿勢だ。

 一方、指定校数が全国最多の京都市では制度創設以前から、校内通信を周辺地区で回覧するなど、学校と地域が協力し合う環境づくりが進められてきた。市教委学校指導課の担当者は「地域の教育力が高く、スムーズに導入できた。地域との連携が強い学校に対しては、制度の利用を積極的に打診している」と話した。

 

 

地域運営学校 3年で20倍 343校、全国でばらつき

2008.6.2 13:15

このニュースのトピックス学校教育

 保護者や地域住民の代表が学校運営協議会を構成し、学校の運営に直接参加する「コミュニティースクール地域運営学校)」の指定を教育委員会から受けた公立の小中高校や幼稚園などは平成19年度末で343校となり、制度が創設された16年度末の17校から3年で約20倍に増えたことが2日、文部科学省の調査で分かった。本年度以降、さらに210校が指定を受ける予定だ。

 不登校やいじめなどの問題に学校だけでは対応できなくなっており、保護者や地域の参加が求められている。指定は増えているが、全国的にはばらつきが大きく、近畿では大阪、兵庫、奈良はゼロだった。文科省は「開かれた学校運営が広まるよう、各教委に理解を深めてもらえる努力をしたい」としている。

     ◇

学校運営協議会 保護者や住民の意見を反映させながら、地域ぐるみで支える学校づくりを進めることを目的に、平成16年9月から導入された。協議会は授業の編成など校長が作成する学校運営の基本方針を承認したり、教員人事について教育委員会に意見を述べたりする権限が与えられる。各教委が定めた手続きや要件を基に指定を受けた学校は「コミュニティースクール」「地域運営学校」などとも呼ばれる。対象は公立の幼稚園、小中高校、中等教育学校特別支援学校で、協議会の委員選出方法も公募や推薦、任命など地域によりさまざま。

広告

コメントする

カテゴリー: 教育改革

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中