とんでも職員を追求せよ! 四条畷市でも中抜け幹部職員


橋下知事が一気呵成で改革を進め、批判の矢面に立たれる中、
何とか例年通りの予算措置をと陳情に訪れる各種団体、市町村。
果たして、どこまで、その必要性が語れるのか、まるで、面接試験を受けに来ている学生のようだ。
すべて、公開される緊張感は、映像が残されるだけに相当なものだろうが、大事な税金を使うのだから、使途について、厳しく問われるのは、当たり前のことだろう。
今後の行政は、このように限りなくフェアであるべきだと常々感じていただけに、大阪市でもやってもらいたいくらいだ。
 
ところで、四条畷市幹部職員の不正疑惑には、本当にあきれた。調査中とはいえ、いまだに出勤しているのには開いた口がふさがらない。
四条畷市の市議会の皆さんには、是非徹底追求と、この幹部職員だけでなく、人権協会の資金の全調査と職員の出退勤に関する全調査をお願いしたい。
四条畷市もご多分に漏れず、財政的にはかなり厳しい状態だと聞いており、こんな職員を絶対に許してはならない、徹底追求こそ地方議員の使命であると私は思う。
 
以下 youtubeより
 
 

四条畷市の中抜けラブホテル 幹部職員の実態 

   
 
広告

コメントする

カテゴリー: 市政改革

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中