環境局環境事業センター業務改革検討委員会開催へ


今週火曜日の5月13日(火)に第一回環境局環境事業センター業務改革検討委員会が開催される。
業務日誌問題にからんで、内部からの改革は望むべくもないことが明らかになったことから、提言をさせていただいたもので、
これを機に、センター業務の改革が進むことを念願している。
 
メンバーは、田中泰雄弁護士、花田眞理子大阪産業大学人間環境学部生活環境学科教授、佐々木宏労務コンサルタント、大橋明美大阪府生活共同組合連合会・生活協同組合おおさかパルコープ理事の4名。
 
会議は、公開で20人までの傍聴が可能。第一回目は、委員長の選出と環境事業センターの現状について説明が行われるとのことで、今後は、ゴミの収集輸送業務を行っている環境事業センターの業務について、業務執行体制の見直しをはじめ、適切な労務管理、コンプライアンスの徹底などの改善方策を立案・検討し、提言する。
 
相変わらず、不祥事が続く大阪市だが、事件頻度が一番高い、環境局から戦陣を切って、変わってもらいたいと期待しております。
 
 
 
 
 
広告

コメントする

カテゴリー: 市政改革

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中