橋下改革は、急激なのかどうなのか、鉄は熱いうちにと思うのだが……。


市長会としては、橋下改革は、すでに予算を組んでいる立場からすれば、とんでもないとなるのだと思う。

あの涙の訴えから、一夜明けて、ちちんぷいぷいで、池田市長を招いての橋下改革の検証が行なわれた。

倉田市長も、池田市の改革に取り組んできた訳だが、じっくり話し合い、府民の理解を得てからでも遅くないとの氏の指摘にもうなずけないことはない。

しかしながら、全市町村長が改革に意欲的なわけでもなく、元役人や議員といった市長も数多くいるわけで、池田市と大阪府では、似て非なるモノではないのかという気もする。

思い立ったが吉日、鉄は熱いうちに打てと私は、思う。 これだけ、進んだと思っていた大阪市政の改革でさえ、裏金が出てくるほど、役所の伏魔殿は、そんじょそこらの力の入れようでは、崩すことができないし、市民、府民の生活は守れないと、思うのでした。 http://www.youtube.com/cp/vjVQa1PpcFN12qEAOfurYS6QdxkKL9YOHgdcWJEB5Ew=

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中