久しぶりの滋賀県庁。スマイルカードで家族そろって生涯学習


久しぶりに滋賀県庁を訪れた。庁舎前の桜を愛でながら、感慨にふけった。記者時代にニ三ヶ月に一度取材に来ていたので懐かしかった。
滋賀県では、スマイルカードというのがありまして、土曜日と第三日曜が家族連れなら、文化施設の入場料金が無料になるとのこと。
生涯学習課が担当しており、大阪市でも実現させたい施策だ。これは、西淀川区の金子市議がずっと提言していたもので、できれば民間の施設も加えた子育て社会づくりの核になるようなものにしたい。
もうひとつ面白い資料をいただいた。「赤ちゃんと子どもの応急手当て」という壁掛け型の子育てマニュアル。ジャバラになっていて、子供の突発的なケガや病気のときにおおいに役立ちそうだ。
保健医療については、料金負担が増えるわりに、サービスは低下してきており、行政には、コストをかけないためにも、丁寧な対応が必要ではないだろうか。

 

sakura 満開の滋賀県庁前の桜。

広告

コメントする

カテゴリー: 少子高齢化

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中