金子質問に反響 平松市長の反転攻勢にどよめき


昨日の金子市会議員の代表質問で、議場がどよめき、新聞各紙が平松市長の橋本知事への反転攻勢と報じた。
ちょっと頭に乗る橋本知事に平松市長も市民のために見栄をきった格好。
影の薄かった平松市長にようやく陽が差した感じだ。
市政改革の指揮を実質とっていた上山信一氏がなんと大阪府に引き抜かれた格好で、大阪市VS大阪府の戦国時代。
どちらが生き残るか、切磋琢磨することが、結局府民市民のためになる、過酷な改革競争を進めていただきたいものだ。

平松・大阪市長、橋下知事に「府民税渡さない」

2008年03月04日22時53分

 大阪市民の府民税を返してもらいたい――。大阪市の平松邦夫市長が4日、市議会の答弁で大阪府の橋下徹知事に「ノー」を突きつける一幕があった。橋下知
事が府単独医療費助成の削減可能性を示していることを牽制(けんせい)したもので、異例の強い口調に議場からどよめきがわいた。

 平松市長は答弁で「府が責任を全うしないのであれば、市民が納めている府民税を府から移譲させ、府市の役割分担を改める必要がある」と
語った。「府が医療費助成を削減したら」との金子光良議員(公明)の質問に答えた。市は新年度、府から約60億円の医療費助成を受けることを見込んで予算
案を編成した。

 06年度の個人府民税1876億円のうち、大阪市民は3分の1にあたる665億円を納めている。平松市長は、府の代行で徴税している府民税をカードに橋下知事を揺さぶったものだが、地方税法上、府税を府に渡すことを拒むことはできないという。

平松大阪市長が府との水道統合に前向き

記事を印刷する

 大阪市の平松邦夫市長は4日、大阪府との二重行政解消に向けた水道事業統合について「市が府の水道を引き受けるということであれば、真摯(しんし)に臨む」と述べ、橋下徹府知事との協議に前向きに取り組む考えを示した。市議会で答弁した。

 平松市長は「市の水の方が安く、浄水場の統廃合で府の整備費用を抑え、府民の水道料が下がる効果がある」と市の水を何らかの形で府に供給する方法を示唆。

 橋下知事は統合に向け新組織をつくる考えを示しているが、市長は「府と市の事業は形態が異なり(受け皿組織は)適切な手法ではない」と指摘した。

 また平松市長は、橋下知事が歳出削減の見直し対象に市町村への医療費助成を挙げたことについて「府が責任を全うしないなら、市民が納める府民税を府から移譲させ、府市の役割分担を改める必要がある」と強い表現でけん制した。

 [2008年3月4日21時31分]

大阪市長が橋本知事に“反転攻勢” 水道事業統合「あくまでも市主導で」  (1/2ページ)

2008.3.4 23:14

このニュースのトピックスどこへ行く、橋下府政

 大阪府と大阪市の水道事業統合をめぐり、大阪市の平松邦夫市長は4日、市議会本会議で「市を核とした広域水道の実現
に向け、オープンな議論を行っていく」と答弁、大阪市の水道事業を周辺自治体にも拡大する案を明らかにした。橋下徹知事の方針で、府・市双方の事業を一本
化する完全統合を検討している府側に対し、主導権争いで反転攻勢をかけた形。しかし、府側の反発は必至で、4月から本格化させるという府・市の協議の行方
にも影響しそうだ。

 平松市長は、市が府の水道を引き受けるメリットとして、1立方メートルあたり、府が82円に対し、市が68円という安い浄水単価を生かし、市が余った水80万立方メートル程度を周辺の10前後の自治体に供給できれば、府民の水道料金が安くなると指摘。

 
その結果、更新時期を迎えた府の村野浄水場(同府枚方市)の設備をそのままにして処理能力が半減しても、府内の水需要がまかなえる。府が更新を前提に25
年間で5400億円必要と見込んでいる維持管理計画をゼロベースで見直すことができ、「一石二鳥どころかそれ以上の大きな効果が府民にもたらされる」とし
た。同じ水道事業でも、水源地から取水し一般家庭まで届けている市の水道事業と、取水し各市町村まで届ける用水供給が業務の府の事業では形態が異なる。
この点について、平松市長は、府側が内部検討していた一部事務組合を設置し、府と市町村を含めた企業団に統合するという案については「形態の異なる事業を
単純に1つの組織に統合するものにすぎず、不適切」と反対姿勢を示した。

 議会後、「府への対決姿勢か」と聞かれた平松市長は、あくまで「対決ではなく協調」と述べた。

 しかし、この“大阪市主導”の統合案について、府水道部幹部は「市の案では、大阪市の周辺自治体だけ水道料金が安くなり、残りの自治体は逆に高くなってしまう可能性がある。議論が再び堂々巡りになりかねない」と反発している。

大阪市と大阪府の水道事業統合 市側、引き受け意思示す

2008年03月04日

 二重行政の解消が課題となっている大阪市と大阪府の水道事業について、同市の平松邦夫市長は4日、定例市議会で、「市が府の水道を引き受けるということ
であれば真摯(しんし)に臨む」と答弁した。市水道局によると、橋下徹知事が2月に提示した事業統合案に対し、市側が具体的に言及したのは初めて。

 平松市長は、市が水道事業を引き受ける利点として、水源から蛇口までの一貫した広域水道の構築▽安い大阪市の水を府民に供給▽府施設の
整備費用の大幅削減――の3点をあげた。水道局は「府より安く住民に水を提供している大阪市の技術を生かす方が、府民にもメリットがある」としている。水
道水の原価は現在、市が1トン67.55円で、府は81.81円になっている。

広告

コメントする

カテゴリー: 大阪市議会

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中