国会の非効率さに怒り 地方議会はたまったものじゃない 道路特定財源問題は地方VS国の議論をして欲しい


民主党が審議拒否だそうだ。それも一週間も。
こんな国民を馬鹿にした話もない。与党が議長裁定を反故にしたとか、マスコミを使ってアピールに躍起だが、果たして、どれだけの国民が真に受けるのか。
はっきり申し上げて、地方議会を味方にできる法案の作成に失敗したにすぎないのが今の民主党だ。
まず、ガソリン値下げ隊で、民心を買おうとしたこと。これが躓きの原因。
党内に道路特定財源の継続を望む議員の存在を無視したこと。これが第二の躓き。
そして、市町村町会、道府県知事が道路特定財源廃止反対に回ったこと。
民主党の推薦で当選した平松市長でさえ、280億円の影響額があることから、道路特定財源維持を表明している。
出てきた民主案には、地方の声が反映されていないこと。これで、万事休すだった。
参議院では、法案の説明に廻らざるをえなくなる。できたら、強行採決でもなんでも、やってしまってくれというのが今の本音ではないのか。
審議拒否で時間を稼ぎ、論議がつくされていないと文句をいい、プラカードを持って強行採決反対と叫ぶ。
そして、粛々と、予算案は可決となる。
55年体制と何も変わらない。
 
要は、地方にとって、税収確保がいかに大変で、大切かということが、国会で政争ゲームに明け暮れる民主党には、わからないということだ。
そして、審議拒否。こんな、民主党についていって、益々影が薄くなる、社民党と共産党が気の毒だ。
河北新聞に片山善博前鳥取県知事へのインタビューが載っていたが、政権ばかりほしがる、政治家ではなく、本当にこの国を良くしたいと思う政治家に与党野党を問わず出てきて欲しいものだ。
そのためにも、国民が賢明になることしかないように思うのでした。
 
 
以下河北新聞から転載

分権と特定財源インタビュー 立谷秀清氏・片山善博氏

立谷秀清氏

片山善博氏

 今国会で最大の焦点になっているガソリン税の暫定税率存廃問題は、維持を盛り込んだ税制改正法案が2月29日に衆院を通過したことから、論戦の舞台は野党が主導権を握る参院に移る。そもそもこの問題は、今後の道路整備の在り方に直結しており、地方分権議論とも密接に絡み合う。同じ分権推進論者でありながら、道路特定財源をめぐって正反対の主張に行き着く立谷秀清・相馬市長、片山善博・慶応大大学院教授(前鳥取県知事)に「分権と道路特定財源」の意味を聞いた。

◎道路は最優先の課題/相馬市長・立谷秀清氏

 ―相馬市の新年度予算編成で、暫定税率による税収を歳入から除外した。
 「自治体財政を預かる立場の者として苦渋の決断。国会の行き詰まり状態を見て暫定税率が期限切れになるかもしれないという最悪の事態を想定した。一種のリスクマネジメントだ」

 ―道路特定財源堅持や暫定税率維持を主張しているが。
 「税制の理念を考えてほしい。道路特定財源となる諸税は地域偏在が大きい。負担は都会が軽く、地方が重い。しかも、地方ほど道路整備が必要だ。確かに東京に住む人は自動車がなくても生活できるだろう。だが、地方では自動車が必需品。道路に特化した使い方をしないと言うのなら、特定財源への課税方法を根本から見直さなければならない」
 「道路に特化して使われているのは社会的必要性があるから。日本の道路整備がすべて終わったと言うのであれば、道路特定財源も役割を終えたと言えるかもしれないが、実際の整備状況は地域格差が甚だしい」

 ―ガソリン税の議論は地方分権を考える格好のチャンスではないか。
 「分権と道路特定財源は、必ずしも対立する選択肢ではない。分権は何のために必要なのか。地方の自立、再生のためだ。そして地方の自立、再生のために道路が必要なのだ。相馬市には高規格道路が1本もなく、高速交通ネットワークから外れている。産業振興や医療圏の整備にも支障を来している」

 ―後回しにされてきたことを怒るべきではないか。
 「もちろん、随分怒ってきた。現状は、交通量、人口など採算性、経済性で道路整備の優先順位が決められている。これでいいのか、地方が存続できない日本が健全な日本なのか、経済性だけで地方を切り捨てていいのかと訴え続ける」

 ―政府・与党は首長の支持を利用しているのではないか。
 「政府・与党方針とわれわれの願いは完全にイコールではない。地方の主張がある程度満たされていると思うから賛成している。だが、道路特定財源が余ったら一般財源に回すというのは駄目。道路整備のために徴収した税金なのだから、余ったら整備が遅れている地方に回すのが筋だ」

 ―民主党案をどう評価するか。
 「地方に道路整備を任せると言っても市域、県域を超える広域的な国道や高速道路はどうするのか。国でやってもらうしかない。財源の根拠も薄い。道路特定財源で地方に入る分は起債の償還に回されているのが現実。新しい道路は一般財源を使わざるを得ない。常識的に考えれば現在の整備計画は大幅に遅れる。地方切り捨てにしか見えない」

 ―国会に何を望む。
 「そもそも衆参の『ねじれ』が原因でわき起こった論争。政争に地方を巻き込まないでほしい。急激な制度改革は地方自治にはなじまない」
 「国の景気対策に付き合って地方は、借金をして公共事業を進めた。その借金を払い終わらないうちに道路特定財源をやめたら地方は立ち行かない。企業を誘致するのにも最低限のマナーがある。自治体がつぶれるかもしれない状況で誘致はできない。一般財源化で地方の自立を促す前に自治体の安定経営こそが地方自立の必須条件だ」

<たちや・ひできよ>51年相馬市生まれ。福島県立医大卒。福島県議を経て02年に相馬市長。現在2期目。道路整備促進期成同盟会全国協議会理事。マニフェストに基づく行財政改革を進め、04年に市の長期財政シミュレーションを公表した。3月に発足する「地域・生活者起点で日本を洗濯(選択)する国民連合」(せんたく)の役員に就任予定。

◎自ら優先政策決定を/慶大大学院教授・片山善博氏

 ―全国の首長が道路特定財源堅持や暫定税率維持を主張しているが。
 「嘆かわしい。リストラ、非正規雇用が増え、家計の所得が減っている中、ガソリン高騰が直撃している。首長は住民の生活の安定を一番に考えなければならないのに、高い税率を課すと言っている。もっとバランス感覚を持ってほしい」
 「地方分権は『自由をよこせ』という運動だ。ひも付きの財源を一般財源に変えろと主張してきた理念はどうなったのか。道路にしか使えないようにしてくれ、縛ってくれと言うのは理解できない。こんな大きな問題を放置してきたことを、自治体は怒らなければいけない。自民党の怠慢だ」

 ―ガソリン税の論議は、国の在り方、地方分権を考える格好のチャンスではないか。
 「この国をどうするかを考えなければならない。政治力も、経済的にも、日本の国力は衰えている。経済協力開発機構(OECD)の調査に表れたように、子どもたちの学力がかなり危うい。人材が劣化していることを国を挙げて考えていくべきだ。ところが、世の中挙げて道路。ピントがずれている」
 「全国の首長がこぞって他財源に充てないでくれと、同じ書面にサインするのはどういうことか。民主主義、言論の自由の退化と危惧(きぐ)する。重視する政策は自治体で千差万別だ。恐怖感や圧力をお察しはするが、みっともな
いマネはしてほしくない」

 ―道路特定財源をどう考えるか。
 「特定財源にしておく理由はなく、やめるべきだ。国が重要と思う分野にしか使わせないと自治体を縛るのが特定財源。今度はどうか。くしくも1800人近い首長が署名したのだから、特定財源でなくてもいいはずだ」
 「特定財源をやめれば、選択肢がいくつかある。暫定税率分を財政再建に回す案も一つ、私なら学校現場の教育環境は十分ではないから手当てしたい。不登校対策でメンタルケアの専門家を置くとか、読解力向上へ学校図書館に専門の司書を置くとか。税率引き下げも考えられる。ここは政治の選択。選択の余地がないのは、一般財源化にするという点だ」

 ―地方は道路など公共事業に頼っているとの指摘もある。
 「二日酔いの迎え酒をあおるようなもの。公共事業に依存しない自立型の地域経済、知的財産権を組み込んだ産業構造にしていかなければならない。公共事業に頼ればものを考えない体質になる。一時的には楽だが、ずっと楽しようとしたら飲み続けなければならず、体がぼろぼろになる」

 ―59兆円の道路中期整備計画は必要か。
 「道路だけでなく、福祉も教育も全部ひっくるめて並べて、優先順位を吟味すればいい」

 ―民主党の提起は。
 「中途半端。税率は下げるが道路は造らせるというのは、ぺてん的な要素を含んでいる。税率引き下げは、道路整備を遅らせることだ。直轄事業の地方負担分で手当てすると主張するなら、最初に地方から巻き上げるなと言わないといけない」

 ―国会に何を望む。
 「この路線は何物にも代えがたいのか、100億円注ぎ込むなら、道路なのか、教育環境を整備した方がいいのか、徹底審議すべきだ。暫定税率の3分の1とか、5分の1とか少しでも下げて、1年かけて検討したらいい」

<かたやま・よしひろ>51年岡山県生まれ。東大卒。旧自治省に入り、府県税課長、能代税務署長などを経て99年鳥取県知事。2期で退任し、07年から現職。地方制度調査会副会長、中央教育審議会委員。小泉政権下で進められた三位一体改革に対して、義務教育費の一般財源化、税源移譲に「真に地方の裁量を高める改革ではない」と強硬に反対した。

2008年03月02日日曜日
 
 
 
 
広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中