ちあきなおみはやっぱりすごい。夜へ急ぐ人に鳥肌が立った


 

ちあきなおみ「夜へ急ぐ人」

 

  

小学校5年生ぐらいだっただろうか、ちあきなおみの「喝采」に子供ながら感動を覚えた。

「いつものように幕が開き、恋の歌歌う私に、届いた知らせは、黒い縁取りがありました」

まるで、ドラマが進行するような歌詞の内容にカルチャーショックを受けたような気がします。

歌謡曲全盛の時代で、中三トリオや御三家など、まぁ、現在とは全く違った国民的アイドルや歌手が跋扈した懐かしい時代です。

 

今日、いろいろネット見ていたら、たまたま、中島マリさんのものまねにぶち当たりました。

コロッケの女版ともいえるユニークな方で、ちあきなおみの「夜へ急ぐ人」を演じるとは!

この曲は、非常にマニアックな曲である意味おどろおどろしい。小学生の頃は、オカルトチックな映画が大好きでしたので、

この歌に魅了されたのです。私にとっては、ピーターの「人間狩り」と双璧をなす曲であります。

 

それを中島マリさんが演じているとは、絶対見たいとクリック。

すばらしい、感動、そして、腹を抱えて大笑いしてしまいました。

できれば、本物も見てみたいと思ったら、なんと、リンクがありました。

1977年の紅白歌合戦に出場したちあきなおみの映像。

残念ながら、1コーラス半と、本当に、紅白歌合戦という番組は、歌手をバカにした番組この上ないと思います。

でも、聞けました本物。

すばらしい、このパフォーマンスはもう一生見ることはできないでしょう。

しかし、山川静夫アナのコメントは失礼千万でしたね。こういうところにもNHKの傲慢さが垣間見れます。 (残念ながらコメント入りの映像は消されてしまいました)

 

中島マリ版 夜へ急ぐ人 part1   part2

  
  

広告

コメントする

カテゴリー: エンターテイメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中