アメリカの経済破綻、サブプライムローンの次はマックスアウト。


昨年、グレーゾーン金利を撤廃、当初、マスコミは、借りたい人が借りれなくなるなんて、悪宣伝をテレビでしていたが、もちろん、プロミスやアコムなどの優良顧客から広告がとれなくなるのを危惧してのことというのは周知の通りです。

やはり、まぁ、ほとんどが親元の銀行が引き取る形で、着々と消費者ローン会社は、銀行の傘下に移っていきました。

今後は、銀行が主流となって、高金利の個人向けローンが活発化されることになるでしょう。信用度に応じて、消費者ローンか、銀行かという具合に。

ただ、危惧されるのは、この借金になれてきた日本市場を虎視眈々と狙っているのがアメリカ。

すでに、ご存じのように、アメリカでは、サブプライムローンの問題が噴出し、アラブの石油王が資金を出して沈静化しているように見えますが、もっと、恐ろしいのがマックスアウトというやつです。日本のサラ金被害者は、結構、低所得の人であったり、まぁ、お金の面でルーズな人に限られていましたが、マックスアウトについては、中流の善良な市民でさえ、引っかかってしまう仕組みが作られているようです。

この春には、ドキュメンタリー映画「マックスアウト」が封切りされたようですが、日本ではあまり話題になりませんでした。

日本ではグレーゾーン金利撤廃後は、審査も厳しくなり、カード破産も減りつつありますが、米国のマックスアウトの場合は、当初金利0%ととか、ミニマムペイメントという、元金のうちわずか2%ずつ払い続ければ、ローンを繰り越せる仕組みなど、消費者の心理を鋭くつく手法が心理学的に編み出され、顧客を誘導します。

 さらに、恐ろしいのは、ユニバーサルデフォルトというとんでもない手法。他社のローンで、返済が滞っても、それがわかった段階で何の被害も受けていないカード会社が自由に金利を変更できるというんです。労せずして、大きな利益を金融業界が得るという詐欺的仕組みで、契約時点ではなく、常に信用リスクが変更されるという企業側に有利な条件となっています。しかも、これが契約書には小さな字で誰にも知られず書かれているという最悪のパターンで、最高裁の判決も企業側に有利に出るなど、アメリカでは庶民が勝訴するのは難しいという現実が悲劇を増やしています。

アメリカのGDPナンバーワンというのは、こういう虚構の上に成り立っているのかもしれませんね。

ただ、今後危惧されるのは、韓国ではすでに、カード破産の実態がかなり深刻になりつつあることを考えると、いずれ、アメリカ型のマックスアウトが日本で現実になる可能性を否定できません。低金利だからといって、結局は破産の憂き目にあうことに代わりはないからです。

アメリカのコピーを自認する日本が巧みに、利用される可能性はあります。それでなくても、低金利で目減りする一方の国民資産が今度は、カード会社、それも、サラ金のような怪しげな会社ではなく、みんなが知ってる大手の会社、しかも低金利と巧みな手法で、かすめ取るとしたら、違法性がないだけに、どう対処したらいいのか。おそらく、当初3ヶ月は、金利0%とか、毎月最低元金の2%でお支払いは結構ですと言われたら、薄給の庶民は喜び、それを阻止しようとするなんてことは難しいかもしれません。

CMをたくさんもらうマスコミだって……。

とにかく、自分の給料の範囲内で生活をすることが大切ということですね。

そのためにも、政治家は可処分所得を上げ、虚構の上に成り立つ経済ではなく、本来の経世済民の思想に基づいた経済施策を推し進めなければいけません。アメリカを反面教師として、日本人の本来持っている勤勉さをいかせる施策転換をしなければいけないと思う今日この頃です。

 

ドキュメンタリ映画「マックスアウト」の予告編

  

 

ミニマムペイメントの恐ろしい仕組み

  

 

NHKで放送された

アメリカ カード社会の落とし穴 ~利子に苦しむ消費者たち~ 1

アメリカ カード社会の落とし穴 ~利子に苦しむ消費者たち~ 2

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中